2008年06月27日

口臭マナー講座6

口臭には、毎日の生活習慣に原因があるかも知れません!

その前に口臭についてちょっと勉強しましょう。
 
口臭を分類すると
 @生理的口臭                         
   人間なら誰でもがもっている臭い・原因となる疾患がない
   起床時の口臭・緊張時の口臭・空腹時の口臭
 A飲食物による口臭
   飲酒によるアルコール臭・食後のニンニク臭・喫煙臭
 B病的口臭
   原因となる疾患による口臭・真の口臭
   虫歯・歯周病・唾液機能低下など口腔由来の口臭
   耳鼻咽喉・呼吸器系・糖尿病など全身由来の口臭
 C心理的口臭
   原因がなく、第三者からも口臭はかんじられないが
   自分自身は口臭があると思い悩む
                (国際分類ではありません)
となります。BとCは専門治療が必要です。Aは時間の経過と共に解決しますので@に関しての対策を考えましょう。

@の共通原因として思いつくのが『唾液』です。
 
起床時・緊張時・空腹時・すべて唾液が減少している時なのです

寝ている間は唾液の分泌量は減ります。ストレスを感じたり、緊張しても唾液の分泌は抑制されます。

つまり唾液が少なくなると口臭が強くなるといえるでしょう。

朝、起きたとき口クサーイがいやなら

夜、寝る前にしっかり歯・舌みがきをしましょう!
                              
口腔細菌を減らしておくと、唾液量が減ったお口の環境でも細菌
の増殖をかなり抑える事が出来ます。

口臭対策 その6:生活習慣を見直そうパート2






   
posted by えり at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月26日

口臭マナー講座5

口臭予防には、まず虫歯や歯周病の治療をする事が先決!

一所懸命、歯みがきや舌みがきをしても、虫歯や歯周病があってはなんの効果もありません。

それは虫歯や歯周病の原因菌である嫌気性菌は悪臭物質である揮発性硫黄化合物を大量に産生するからです。


口臭の原因である揮発性硫黄化合物は、口腔内嫌気性菌が口の中の剥離上皮、食べかす、血液などのたんぱく質を分解、腐敗することによって産生します。

だから虫歯で歯に穴が開いたままにしていると、その中に入った食べかすからどんどん臭いが出ます。

歯周病で赤く腫れた歯ぐき(歯肉)は出血しやすくその血液も
臭いのもとになりますよね。

また歯周病が進行すると、歯周ポケットが深くなり口腔嫌気性菌にとっては絶好の棲み家となり、歯ブラシでは届かないところで
臭い物質を産生し続けるわけです。(嫌気性菌は酸素を嫌うので酸素の少ない、奥へ奥へと侵入していく性質があります。)

結局、お口が健康なら口臭も少ないという事ですね。

口臭対策 その5:生活習慣を見直そう



posted by えり at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月25日

口臭マナー講座4

洗口剤や歯磨剤を使用し、歯・舌みがきの効果を上げよう!

口臭を改善させるため洗口剤や歯磨剤はどんな作用をするのか?
 @口腔内細菌への抗菌作用
 A口臭原因物質に対する消臭(吸着)作用
 B悪臭成分を覆い隠すマスキング作用
大きく分けるとこの3つです。
 
昔、患者さんから
「私、洗口剤で口を洗っているから歯みがきはしてないんです。洗口剤って汚れ、全部きれいに取ってくれるんでしょう。」
Oh No!!これはおおきな勘違いです。

殺菌ではなく抗菌作用、無臭ではなく消臭作用
あくまで補助剤として使用してください。

『口臭予防に王道なし』
やはり一番には歯みがき、舌みがきであることをお忘れなく!

口臭対策 その4:虫歯、歯周病チェック
posted by えり at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月23日

口臭マナー講座3

お口の中が乾燥していると感じた時は口臭に注意!

口の中が乾燥するとなぜ口臭がするのでしょうか。それは口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物にあります。
揮発性硫黄化合物は硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイドの3種類で、ちなみにどんな臭いがするかというと
 @硫化水素:卵の腐ったようなにおい
 Aメチルメルカプタン:野菜の腐ったような臭い
 Bジメチルサルファイド:ごみ箱の臭い
で、これらが単独か混在していて、口の中が乾燥すると揮発しやすくなり口臭のレベルを上げてしまうわけです。

また乾燥している時は唾液の分泌も減少していて、唾液の殺菌作用や自浄作用も低下し、口臭レベルを高めます。

お口の中はしっとりサラサラとしている方がグー!

     
口臭対策 その3:洗口剤や歯磨剤を使用する
         

posted by えり at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月21日

口臭マナー講座2

なぜ歯みがきと舌みがきで口臭が減るのでしょう。
そもそも口臭の原因は口の中にいる細菌がタンパク質を分解する時につくられる揮発性硫化物質なのです。この揮発性硫化物質が多い、少ないによって口臭の臭いが強いか弱いかが決まります。
 
だからこの物質を少なくすれば口臭の臭いも弱くなる。という事ですよね。

この物質を少なくするためには口の中の細菌量を少なくすれば言い訳です。

口の中の細菌はいろんな所に住み着いて増殖し塊をつくります。その塊が歯や舌の表面にくっついているプラークといわれるものです。だからこのプラークをしっかり取るために歯みがき、舌みがきが必須となる訳です。


口臭対策 その2…口の中を乾燥させない
         口が乾いてネバネバした感じがした時は注意
         お茶、水などで口の中を湿らせて下さい。
         


posted by えり at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月20日

口臭マナー講座1

      口臭は公衆マナーに反します。
大学の研究室でのセミナーに向かう電車で聞こえてきた会話
女子A:もう最悪、駆け込んできて隣でハアハアされたら
    たまんないよねー。混んでると逃げられないし 
女子B:あれって、自分でわかんないのかな。誰か言ってあげれ    ばいいのに
女子A:それはいえないでしょ。口臭いですよって
女子B:まあね。自分もいわれたらかなりショック
    でも、多いよね。口が臭い人
女子A:体臭も嫌だけど、口臭の方が耐えられない。
    独特の臭いじゃない。気持ち悪くなっちゃう。
うーん、困ったことです。でも現実、よくあることです。判ります。私でも診療所に患者さんとしてなら、口臭がありますねといえるけれど、普段の社会生活では、なかなかいえることではありません。


   そこで口臭マナー講座

 まず口臭は人間である以上、誰にでも存在します。臭いの無い人はいないんです。生きている以上、代謝物質として臭気物質が
発生します。でも最小限に抑えることは出来ます。
それには、まず歯磨きです。歯の表面に着いた歯垢をしっかり落としてください。それともう一つ大事なのが舌についている舌垢
を落とす事。これで口臭はかなり減ります。
 いいですか。歯みがきと舌みがきですよ
口臭対策 その1…歯と舌をしっかり磨く       


  
posted by えり at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記