2008年07月05日

口臭マナー講座8

口臭は、毎日の生活習慣が原因しています。パート3

口臭の原因である唾液の分泌の低下と口呼吸がいっしょになって
さらに、お口の中が乾燥してしまう原因

それは『喫煙』です。

たばこに含まれるタールは歯や舌の表面に付着しやすく、タールは付着すると、取れにくいため舌苔がべっとり厚くなります。又

たばこのニコチンは末梢血管を収縮させるので、歯周組織の血行が悪くなり、歯槽膿漏、歯肉炎の症状を進行させ、さらに唾液の分泌を抑制します。

さらにたばこを吸うことによって口呼吸になり口の中はますます乾燥してしまうのです。

禁煙する事が一番ですが、少し本数を減らすか、たばこを吸ったら口をすすいでください。でも歯についたタールの着色は歯みがきではなかなか取れないので、歯のクリーニングを定期的に行いましょ。
 
でも喫煙は「百害あって一利なし」ですから、身体の健康のためにも、ここはきっぱり。止めちゃいましょう。ネッ

posted by えり at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月02日

口臭マナー講座7

口臭には、毎日の生活習慣が原因しています!

口臭には、唾液の分泌抑制がかなり関係しているということがわかりました。
しかし、唾液が正常に出ているのに、お口の中が乾燥してしまう原因があるのです。

それは『口呼吸』です。
 
呼吸は本来、鼻でするものです。そのために鼻の内部構造は出来ています。鼻毛で埃をキャッチし、曲がりくねった鼻の中を通り暖められてから、気道へ入ります。

口呼吸をすると、空気中の埃、汚染物質、細菌を直接、気道へ運んでしまいますし、口の中は空気の通り道となりますからカラカラに乾いてしまいます。

また、口呼吸の人は、喉ちんこがいつも赤く腫れていて、歯や歯周組織だけではなく、ここからも口臭物質が産生されます。

お口をぽかんと開いてしまう人は注意しましょう!

お口はしっかり閉じて、鼻呼吸ですよ。

口臭対策 その7:生活習慣を見直そうパート3
posted by えり at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記