2009年10月30日

テンペラ製作

IMGP0355.JPGIMGP0354.JPGIMGP0413.JPGIMGP0416.JPGシナベニア共芯に羊皮紙を貼り付けテンペラ画を描く支持体が出来上がりました。そしてトレーシングペーパーに模写した線画をこの支持体に転写します。さあいよいよ金箔貼りです。トレースした線画の金箔を貼る部分に膠(にかわ)液を塗ります。乾いたら塗りを3回ほど繰り返します。膠液が乾いたらその面を水で湿らし、その上に金箔をそっと置き、湿気がなくなったら脱脂綿で上から押さえていきます。この金箔貼リはなかなか上達しません。鼻息だけで箔は飛んでしまうので息を堪え、そーと扱います。手で触ると手にくっついてしまうので、刷毛を使用します。今回は大きな部分は膠液で細かな部分はミッショーネという接着剤を使い金箔を貼りました。
posted by えり at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月27日

長唄のお稽古

IMGP0423.JPGIMGP0424.JPG昨日、月曜日は長唄のお稽古でした。唄は現在、中盤に入り一番の聴かせ処です。「清水寺の鐘の声、祇園精舎を顕はし、諸行無常の声やらん、地主権現の花の色、沙羅双樹のことわりなり」の歌詞でゆったりと歌います。次の息継ぎまでがなが〜い。しっかり息を吸ってから歌いださないと途中で歌詞が途切れてしまいます。腹筋と胸筋の訓練になりますし、肺活量も必要です。加圧トレーニングやっててよかったー。でも生徒さんは皆、私より年配なのですが、全く無理なく朗々と唄ってらっしゃるのです。脱帽、参りました。でもこれはアンチエイジングになりますね。摂食嚥下機能訓練には抜群の効果がありそうです。ところで長唄の音譜ってご存知ですか?
写真の歌詞の横に1・7・4と数字が書いてありますが、これが音程でドは1.レは2でつまりドレミファソラシは1234567で1オクターブ高い音は数字の右側に黒点、低い音は左側に黒点をつけます。楽譜はこの数字が縦に並んでいるので、慣れるまでは大変です。わたしも習い始めて3ヶ月、やっと慣れてきました。
posted by えり at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月24日

テンペラ画教室の日

IMGP0418.JPGIMGP0419.JPG今日、土曜日は月に1回のテンペラ画教室の日です。午前中の診療を終え、門前仲町にある「東西文化センター」へ。午後1時30分〜5時まで休憩無しで黙々と絵に集中します。この何も邪念なしで集中できる事がまたストレス解消になります。生徒さんは30代から?代まで年齢層は幅広いのですが皆さん気さくで良い方ばかり。また絵画に関する知識が深く飛び交う会話を聞いているだけでもとても勉強になります。先生もさっぱりした性格で、判らない事はしっかりと教えてくださいますし、的確な指導をしてくださるので私のような素人でも素晴しい作品に仕上がります。そういえば以前のブログでお見せした作品の完成をまだのせていませんでしたね。実は今年の2月に青山のGallery Concept21にて『田崎裕子テンペラ画教室展』があり、私も作品を2展出しました。1つは製作期間2年でもう一つは6ヶ月で仕上げました。恥ずかしながら御覧下さいませ。
posted by えり at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ハードな一日

IMGP0417.JPG今日は頭は使うは身体は鍛えるはでベリーハードな一日でした。午前中の診療を終え、午後2時から始まる生化学研究員セミナーの為、車で一路、松戸市へ『モノクロナール抗体の作製法と歯周病予防の戦略』についての講義を受け、終了後、また車に乗り込み、南麻布へ。妹と待ち合わせて加圧トレーニング開始。実は去年の3月からこのトレーニングをしているのです。もう1年半になりますが今日は、加圧エアロビクスを初体験する事になりました。いつものトレーニングも結構きついのですが、これは息があがります。汗のかき方が半端じゃない。グチョグチョです。でもその後はすっきり。これは痩せますよ。インストラクターが明るく元気ですごくパワフルなのです。若いパワーはいいですね。その活力を分けて頂いて、また明日も頑張ろう。
posted by えり at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月22日

オフィス銀の鈴へ 続編

IMGP0409.JPGIMGP0403.JPGIMGP0403.JPGIMGP0404.JPGIMGP0406.JPGIMGP0407.JPGIMGP0408.JPG昨日、紹介しました『オフィス銀の鈴』にて9月28日〜10月8日まで開催していました岩井村氏の『猫ともだち展』猫大好きさんにはたまらないいろんな表情の猫・猫・猫が100匹。「うちの猫にそっくりー」の一枚が見つかること間違いなし。猫のポーズもいいけど背景の花、模様、風景もナイスマッチングーなのです。今度開催する時は是非行ってらしてくださいませ。ちなみに櫻の背景の可愛い猫ちゃんはオーナーの鈴木さん宅の愛猫ちゃんです。また開催期間中に『猫を語る会』等もあり、何だかとても楽しそうですね。あっ、それからもう一つご紹介しますと、ホワイト歯科の診療所の3軒となりにあります『えんえんリンク』さんで10月19日〜10月30日まで『ねこつながりフォトコンテスト』を開催中です。こちらへもお立ち寄りくださいませ。
posted by えり at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月21日

オフィス銀の鈴へ

IMGP0402.JPG今日は診療終了後ギャラリー『オフィス銀の鈴』へ行ってきました。平川春彦氏の創作額の展示があると、このギャラリーのオーナーの鈴木さんよりお知らせを頂き明日までとのことで、急いで行って参りました。栗、櫻、ぶななどの木を使いどっしりとした曲線の美しい額で木目や節の自然美を活かしたそれ自体がオブジェとなるような素晴しい物でした。テンペラ画をはじめてから判ったことですが、絵は額と一体となってこそ完成されるのです。今回、平川氏の額をずーっと見つめているとそれに描く絵が創造されてくるんですよね。不思議です。平川氏、鈴木さんとしばし楽しいお話をし、お名刺を頂きそのときはお願いしますとお約束をして帰ってきました。続きを読む
posted by えり at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月19日

テンペラ製作

IMGP0361.JPGIMGP0360.JPGIMGP0364.JPG板がきまり次は羊皮紙を貼る工程です。羊皮紙は一枚はかなり大きいので、板の裏側に回る位の大きさに切ります。カチカチに乾燥しているので水に浸し柔らかくしてから板にボンドで貼り付けていきます。そして乾燥。この羊皮紙はかなり高価で一枚2万円以上します。購入場所も限られていて今回は先生にお願いしました。さあこれで支持体作りは終了でいよいよ金箔貼りに入ります。
posted by えり at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月14日

テンペラ製作

IMGP0343.JPGIMGP0344.JPGIMGP0346.JPGIMGP0345.JPG前回、テンペラ製作にあたり、まず模写する部分が決まりました。次は絵の配分を決めていきます。今回は絵を中心にし周りに余白を出すことにしました。キャンパスが羊皮紙なのでその皮の部分を出しましょう。また模様の絵なのでそうしたほうが額縁に収まった時にまとまるでしょう。との先生のアドバイスで決定しました。そしてトレーシングペーパーに絵をなぞっていきます。そして絵、周りの余白、額縁の中に入る部分を計算し縦×横の大きさを決めます。今回は15.2×10.7pと23.7×10.2pの2枚です。羊皮紙を張るこの大きさの板を東急ハンズに行き切ってもらいます。板は「シナべニア共芯」で厚さ9mm。ここまできたら次はいよいよ羊皮紙を張っていきます。それはまた次回
posted by えり at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月13日

行ってきました〜

IMGP0380.JPGIMGP0375.JPGIMGP0376.JPGIMGP0378.JPGIMGP0393.JPG4日のブログに絶対行きたいと言っていた歌舞伎10月公演に行ってきました。チケットをゲットするのは無理と思いつつ、6日にちょっと時間が空いたので即、歌舞伎座のチケット売り場へ、希望日は12日、祝日、ん〜駄目かな。「どこでもいいです。チケット1枚取れますか?」「一階席ならございます。」「えー、一階席、お願いします。」ということで12日、行ってきたのでございます。もう最高、たのしかった〜。坂東三津五郎の『毛抜』坂東玉三郎、尾上菊之助、尾上松緑の『蜘蛛の拍子舞』大大満足、ほんと理屈なしに面白い。『毛抜』は髪の毛が逆立つという奇病にかかった御姫様の原因を毛抜きが踊りだす様から仕掛けを暴くというもの、『蜘蛛の拍子舞』は物怪が出るという御所を調べるため逗留する源頼光と碓井貞光、そこへ現れたのは白拍子妻菊、実は女郎蜘蛛の精。美しい妻菊が一変し凄い形相の蜘蛛の化け物に変わる。でかい蜘蛛がでるは蜘蛛の糸が舞台を舞うはで掛け寝なく楽しめる演目でした。これだから、歌舞伎は止められないんですよね。
この日は歌舞伎座から国立劇場へ移動、長唄の先生の会があり、そちらへも行ってきました。今、お稽古している『熊野』を聞いて参りました。生徒さん方が歌ってらしゃるのですが、皆様御上手で堂々としていました。またまた私のやる気に火がつきましたよ。
長唄、頑張るぞ。ファイト、オーなんてね。
posted by えり at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月04日

鬼門には猿

IMGP0373.JPGIMGP0374.JPG昨日、久しぶりに浅草に行ってきました。浅草でどうしても手に入れたい物があり、仲見世の端からくまなくさがしやっと浅草寺の参門近くの『助六』さんで見つけました。それは『御幣猿』という今戸人形。烏帽子を被り御幣を持った猿です。テレビで平安京の鬼門封じに陰陽師がこの猿を置いたとのこと。我が家も早速ということでネットで探したところ、浅草と柴又帝釈天にこの猿の置物が在ることを知り、調度、浅草の花やしきで大学同窓会懇親会があったので、絶対、ゲットしようと云う事になったのです。家の中心から北東に当たる場所が鬼門だそうで、そこに御幣猿さんをおき「病気、災い、悪運が去りますように」とお願いしました。私は猿年なので私が北東に居てもいいのかな。まっそういう訳にもいかないから、よろしくね。
posted by えり at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記